Mac OSX LeopardでPS/2キーボード(JIS配列)を使う

再編集:最近メインのOSをMac OSXに変更する際にこのあたりのノウハウがまとまってきたので、再度この問題を取り上げてみたいと思います。

【注意】この方法では個人的にほとんど使わないOSXのControlキーを排除しています。

この記事の意義

Switchした方を含め、過去Windowsを利用していてお気に入りのキーボードを持っているのに、Macを購入したらキーボードが付属していて、なおかつ付属のキーボードの方がMac OSXに対する親和性が高い(Commandキー、Optionキーの存在など)ため、泣く泣く付属のキーボードを使っている方も多いんじゃないでしょうか。私も例に漏れず、東プレのRealForce106SをWindowsにて利用していたわけですが、OSXではそのまま使えず、特にCommandキー(よく使う)に変更される”Windowsキー”が存在しないために、ショートカットキーのほとんどが使えずどうしようかいろいろ思案していました。今回なんとなく環境が固まってきたので、エントリーとして残しておこうと思った次第です。

物理的に繋ぎ、JIS配列として認識させる

まず、PS/2端子のままでは物理的に接続不可能なので、PS/2 -> USB変換ケーブルを用意。

corega CG-USBKMSV2 PS/2-USB変換アダプター

見た中ではこれが一番スマートですね。変換用の機器もついてませんし、2ついっぺんに変換できるので、マウスも接続できます。

これを介してUSB端子に接続したところ、素直に認識されましたが、U.S.配列キーボードとして認識されてしまいました。U.S.配列なので、JIS配列キーボードでは「@」を出したい場合、「”」を打たなければなりません。これは不便。そこで、Windows用USBキーボードをMacで使うで、配布されている”USB JIS Keyboard Layout 1.0.1 [Mac OS X 10.3.x用]“をインストール。

インストールしたら入力環境の[環境設定を表示]を選択し、

環境設定を表示

“入力操作”内の”英字入力時のキーボード配列”から新しく増えた[USB JIS]を選択したら、

ことえり環境設定

JIS配列の通りに打てるようになりました(違う入力環境ですと、設定する場所が違うかもしれません)。

Commandキー、Optionキーを割り当てる

この状態ですと、WindowsキーがCommandキー、AltキーがOptionキーに割り当てられていますが、本来のコンピュータ用キーボードにはWindowsキーなんてものは存在しません。私のキーボードにもWindowsキーなんてものは存在しません。よってキーの割り当てを変更しなければなりません。

KeyRemap4MacBookをダウンロード、インストール。インストールが完了すると、OSXの[システム環境設定]に[その他]の部類として格納されますので、これを選択。

まず、キートップが”Ctrl”となっているキーをOptionキーにしたいので、”Remap Control_L Key”の項目を開いて、”Control_L to Option_L”にチェックを入れます。

CtrlをOptionに

続いて、キートップが”Alt”となっているキーを大事な大事なCommandキーに割り当てたいので、”Remap Option_L Key”の項目を開いて、”Option_L to Command_L”にチェックを入れます。

AltをCommandに

これで完了です。