Xbox コントローラーを使ってみて

Xbox コントローラー購入

Windowsゲームをプレイするのに、今までは過去に使用していたXbox360のコントローラーを使っていたのですが、Rトリガーがへたってきたのと、いい加減背が高くてスティックに近い操作感のハットスイッチ(いわゆる十字キー)が嫌になって、Xbox ワイヤレスコントローラー(旧Xbox One ワイヤレスコントローラー)を購入することにした。

使ってみての感想

ハットスイッチが良い

ハットスイッチの背はかなり低くなり、360の時に感じた「倒す」という感覚ではなく、ファミコン、スーファミのような「押す」感覚になり、大変使い勝手が良くなった。少しスイッチ感があるけどそれもあまり気にならない。何より「押す」感覚が大事。微妙な操作で即反応が必要なシューティングゲームを十字キーで遊べるのは大きい。アケコンではなく手で握るコントローラーならこちらの方がやりやすいから。

トリガーが良い

360コントローラーの評価点のひとつとしてトリガーの重みが挙げられると思うのですが、こちらは少し軽くなった印象。しかしながら押し込みきったときの「ガン」といった感じは、「コクン……」といった品の良いものに変わったのは個人的には好印象。

LRそれぞれのボタンとトリガーが近い問題

LまたはRそれぞれのボタンやトリガーはその間にスペースがなくなり、持った感じかなり近くなった。そのため、LRボタンを人差し指、LRトリガーを中指で操作するようなポジションを取った場合に、人差し指と中指が触れる感じが人によっては干渉と捉えられるかもしれない。個人的にはあまりそういったポジションは取らないし、そうしたとしてもあまり気にならない。

個人的にはかなり良かった

Windows10そのものがこのコントローラを標準でサポートしているから、買ってすぐ使える(有線接続にはUSBケーブルが必要)。安いサードパーティ製もいいけど、稀にある「安いし見た目は似てるけど、操作感に不快なポイントがある」といった心配もないし、あとは使って耐久性がいかほどのものかぐらい。